印刷する

HOME >学会について

本会は小児神経外科学の発展とその関連医学の進歩を促進し、小児神経外科学に関する教育と訓練の充実に寄与することを目的とする。
また、会員相互間および内外関連機関との連絡を図り広く知識の交流を行い親睦を深めることも目的とする。


理事長あいさつ 定款 定款施行細則委員会設置細則
理事 評議員 学術委員
歴代会長 名誉会員  

■評議員・会長の立候補について

理事長あいさつ

一般社団法人
日本小児神経外科学会理事長就任にあたって
一般社団法人日本小児神経外科学会 理事長
坂本 博昭
大阪市立総合医療センター小児脳神経外科
大阪市立大学大学院医学研究科脳神経外科
1.学会の設立と経過
  1972年に国際小児神経外科学会 The International Society of Pediatric Neurosurgery(ISPN)が発足し、日本からは松本 悟先生が創設者の一人として加わっています。同じ年、日本でも脳神経外科領域の中で小児神経外科領域の専門性が強く認識され、日本小児神経外科学会The Japanese Society for Pediatric Neurosurgery(JSPN)が発足しました(発足当時は日本小児神経外科研究会)。松本 悟先生、佐藤 潔先生、横田 晃先生、大井静雄先生が機関誌「小児の脳神経」の編集委員長として学会の運営に当たりました。
 2012年に理事会制度に移行して新井 一先生が初代理事長に就任し、総務会と各種委員会を設けて学会活動がより活性化しました。2015年6月に新井理事長の任期満了により、理事長を坂本が引き継ぎました。2016年10月には、本学会が全面的に支援して日本で三度目になるISPNのAnnual Meeting(山崎麻美会長)が神戸で開催されました。また同年、日本脳神経外科学会専門医を対象に小児神経外科領域の診療技術の維持、向上のため日本小児神経外科認定医制度を設置し、2017年5月1日からは一般社団法人へ移行しました。

2.本学会の専門領域
  日本小児神経外科学会は小児期の脳神経外科疾患を専門領域とします。対象疾患としては、先天性の中枢神経疾患(二分脊椎、二分頭蓋、脳形成異常、頭蓋骨縫合早期癒合症、くも膜のう胞など)、水頭症、脳・脊髄の腫瘍および血管障害、神経外傷、脊髄・脊椎疾患、中枢神経系の感染症、機能的脳神経外科疾患(てんかん、痙縮など)などがあります。対象年齢は主に15歳以下ですが、胎児期い中枢神経系の外科的疾患が見つかれば、親や家族にその疾患情報を提供することから、出生前に診療が始まることも少なくありません。一方、小児期の上限の年齢である15歳を過ぎて発症する二分脊椎など先天性疾患やadolescent and young adult(AYA)世代(15歳以降29歳以下)の脳・脊髄の腫瘍も対象となります。

3.本学会の目的
 小児神経外科学の発展とその関連医学の進歩を促進し,小児神経外科学に関する教育と訓練の充実に努め、また、本法人の活動を通じて、患者・家族、さらには国民の健康と福祉の増進に寄与することを目的とします。

4.小児神経外科の魅力
 次の3つがあげられます。

 1) 高い専門性
 小児神経外科疾患には、一般的な脳神経外科の知識や診療技術に加え小児のより専門的な知識や診療技術が必要です。特に外科治療の面では、成人において高い技術が必要とされる脳深部の病変や脊髄内の手術や脳血管吻合、あるいは水頭症手術(髄液シャント術)、頭蓋底の手術、脊椎外科手術など、マクロの手術から手術用の顕微鏡下のマイクロの手術までの広範囲にわたる手術手技を、新生児期からの小児例という広い年齢層に施行するため高い専門性があります。また、胎児期や新生児期から成人期を迎えるまでの幅広い期間で、成長を考慮した診療を行うことも小児神経外科の専門性を強く表しています。 
 このような小児神経外科の外科治療の高い技術を習得するには、まず成人例を対象に手術用の顕微鏡下での手術や脊髄・脊椎外科の基本的な手術操作を身に着けておくことが重要です。

2) 将来性
 小児神経外科疾患は他の診療科では肩代わりできないため、小児神経外科領域の新しい診断法や治療法の開発を私達で担うことができます。最近では、水頭症に対する神経内視鏡を用いた治療、小児の脳腫瘍の分子生物学的な情報による新しい知見などが、成人例、さらに広い医学の分野での発展を促しています。成人の脳神経外科領域あるいは他の領域からの新しい診療技術を導入し、小児神経外科領域を発展させることも重要な課題です。

3) 医療者としての高い満足度
 小児神経外科医は高い専門性を持って外科治療など診療能力を持つことから、小児神経外科領域と関連する広い領域の中でリーダーシップを取ることができます。また、小児神経外科領域では長期に渡る診療が必要となる慢性の疾患が多いので、患者の発達や自立に関する知識や診療能力も兼ね備えて患者・家族と関わりを持てば、医療者としての充実感は専門性の高い診療技術の提供と共により大ききく、何物にも代えがたいものになります。

5.今後の学会活動
 社会的な使命を考え、これまでに学会の法人化を行い、日本脳神経外科学会専門医の医療技術の維持、向上のため小児神経外科認定医制度の設置をいたしました。今後も日本脳神経外科学会の分科会として日本脳神経外科学会と緊密に連携し、次のような活動を行っていきます。

 1) 診療ガイドラインの作成
 すでに小児の主な脳腫瘍に関しては、本学会と日本脳腫瘍学会とが共同で診療ガイドラインの作成を開始しております。今後は中枢神経系の先天性の外科疾患を中心として疾患の診療ガイドラインの作成を準備していきます。

2)学術研究の支援
 小児神経外科領域のデーターベースを作成し、日本におけるこの領域の疫学的な情報の収集に当たり、それを利用した疫学的な研究を目指したいと思います。また、疾患の希少性を克服して学術研究が施行できるように、本学会が仲介していく準備いたします。

 

 本学会が小児神経外科の発展を目指して活動し、それによってより社会的に高い貢献を果たせるように、これまで以上に皆様方のご支援が必要となります。どうぞよろしくご協力をお願い申し上げます。

2017年5月

 


総務会

理事長     坂本 博昭(医療安全委員会担当理事)
理  事     白根 礼造(財務委員会担当理事)
理  事     伊達   勲(編集委員会委員長)
理  事     長坂 昌登(総務委員会担当理事)
理  事     長嶋 達也(広報委員会・保険診療委員会担当理事)
理  事     藤井 幸彦(学術研究委員会・COI委員会担当理事)
理  事     松村   明(教育委員会担当理事)
理  事     師田 信人(認定医委員会・渉外委員会担当理事)
理  事     下川 尚子
監  事     新井   一
監  事     伊達 裕昭

理事


赤井 卓也

秋山 恭彦 飯原 弘二 伊藤  進 伊藤 千秋

稲垣 隆介

岩間 亨 荻原 英樹 川俣 貴一 隈部 俊宏

栗原  淳

甲村 英二 五味 玲 齋藤 清 斉藤 延人

重田 裕明

鈴木 倫保 竹本 理 田代  弦 冨永 悌二

中瀬 裕之

西川  亮 西澤 茂 埜中 正博 橋本 直哉

宝金 清博

本郷 一博 三木  保 宮嶋 雅一 宮本  享

森岡 隆人

吉岡 進 吉野 篤緒 若林 俊彦

(34名 2017年6月5日更新)


評議員


小柳  泉

吉藤 和久 君和田  友美 佐久間 潤 林 俊哲

藍原 康雄

荒木  尚 井原 哲 大坪 豊 篠田 正樹

下地  一彰

杉山  一郎 玉田  一敬 宮川  正 三輪 点

室井 愛

石崎  竜司 大澤 弘勝 片野  広之 加藤 美穂子

西山 健一

林 康彦 山本 貴道 吉村 淳一 綿谷 崇史

今井 啓介

香川 尚己 河村 淳史 久徳 茂雄 千葉 泰良

天神 博志

原田 敦子 朴 永銖 松阪 康弘 山田 淳二

山中 巧

小野 成紀 黒住 和彦 野村 貞宏 宮嵜 健史

山崎 文之

岩田  真治 夫 敬憲 上村 哲司 大吉 達樹

高橋 麻由

橋口  公章 牧野 敬史

(48名 2017年7月20日更新)

歴代会長


名誉会員

伊東 洋

遠藤 俊郎 大井 静雄 児玉 南海雄 榊 寿右

佐藤 修

佐藤 潔 佐藤 博美 田中 達也 田中 隆一

中村 紀夫

西村 周郎 西本 博 松本 悟 森 惟明

森竹 浩三

山浦 晶 横田 晃 米増 祐吉